中間管理録 トネガワ ネタバレ と レビュー

「月刊ヤングマガジン」連載 「中間管理録トネガワ」【原作:萩原天晴・漫画:橋本智広、三好智樹・協力:福本伸行】レビュー(ネタバレ含む)

スポンサーリンク

中間管理録 トネガワ「灼熱」(月刊ヤングマガジン2017年No.11 収録)

スポンサーリンク

月刊ヤングマガジン 2017年No.11 [2017年10月20日発売] [雑誌]

月刊ヤングマガジン 2017年No.11 [2017年10月20日発売] [雑誌]

  • 作者: 蒔島梓,矢立肇,富野由悠季,サンライズ,吉谷光平,佐木飛朗斗,桑原真也,福本伸行,萩原天晴,三好智樹,橋本智広,多田乃伸明,楠みちはる,山田風太郎,せがわまさき,都トキウト,ぢたま某,芹沢直樹,鳴見なる,麻宮騎亜,高田サンコ,明日乃隆,東直輝,柳沢きみお,安達哲
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 海老谷

帝愛本社に軟禁され、帝愛Twitterの中の人となった海老谷のもとを訪れた利根川。フォロワー数が八万と聞き驚く。

あと二万のフォロワーを集めれば解放となる海老谷のツイートが、リツイート600、いいね580でバズっていると見た利根川。しかしながら実態は、批判的なリツイートで炎上していた。

対策

炎上に対し手を打ったという海老谷。炎上の原因はピザ屋を批判したからであるから大量発注で穴を埋めるという。

だが、逆に「食べ物を粗末にするな」と火に油を注ぐ事となった。

海老谷に任せられない、と利根川が現状を分析したところ、炎上しているように見えても、実際の「荒らし」はたったの5人程度だと言うことが判った。

お詫び

周囲の中立フォロワーの暴徒化を防ぐ為に、利根川は「お詫び」のツイートをする。海老谷は「荒らし」達に頭を下げることに納得出来ないが、利根川の言うとおり「荒らし」は次々と勝ち誇ったツイートを残して去り始めた。

残り3人に対して直接「リプライ」して謝るよう海老谷に指示をして、その場を去る利根川。

翌日

利根川が翌日に帝愛Twitterを確認すると、前日よりも「荒らし」の数が増え、中立フォロワー達も批判的なツイートをし始めていた。

海老谷に状況を確認すると、前日に「リプライ」で謝罪した「荒らし」のひとりが去り際に残した「大勝利」というツイートに、海老谷がつっかかって言い争いを始めてしまったという。

謝罪

「煽り耐性」がなさ過ぎると利根川は海老谷を叱責する。

こうなった以上は何をツイートしても無理やり粗を探され、叩かれるだけだと判断した利根川は、帝愛公式ホームページに直接謝罪文を掲載することにした。

これまでの利根川は、謝り続けることでこの社会を生き延びてきた「謝罪の達人」と言える。そんな利根川が打ち込めば当然渾身の謝罪文が出来上がった。

3日後

公式Twitterは、理外の再炎上となっていた。利根川は海老谷を疑うが、理由は違っていた。

利根川の作成した横書きの謝罪文の一部を「縦読み」すると「このくずが」と読めてしまう事が炎上の理由となっていた。

解放

炎上に伴い、フォロワー数が100000を越えたのに気付いた海老谷は利根川に「と言うことで失礼します」と切り出す。

こんな状態で帰す訳がない、利根川は言い、帝愛公式Twitterアカウントを停止した。

 

「灼熱」のレビュー

久々の海老谷の登場。相変わらずの余計な動きが可笑しい。今回は利根川のフォローも虚しく失敗に終わるが、一方では海老谷の解放に手助けをした事になっている。

凸凹コンビのような絶妙のやりとりに、ホッコリするような気持ちになるのは私だけだろうか?