中間管理録 トネガワ ネタバレ と レビュー

「月刊ヤングマガジン」連載 「中間管理録トネガワ」【原作:萩原天晴・漫画:橋本智広、三好智樹・協力:福本伸行】レビュー(ネタバレ含む)

スポンサーリンク

中間管理録 トネガワ「暴走」(月刊ヤングマガジン2017年No.10 収録)

スポンサーリンク

 

月刊ヤングマガジン 2017年No.10 [2017年9月20日発売] [雑誌]

月刊ヤングマガジン 2017年No.10 [2017年9月20日発売] [雑誌]

  • 作者: 多田乃伸明,吉谷光平,福本伸行,萩原天晴,三好智樹,橋本智広,佐木飛朗斗,桑原真也,岡崎武士,麻宮騎亜,芹沢直樹,ぢたま某,山田風太郎,せがわまさき,鳴見なる,楠みちはる,明日乃隆,東直輝,高田サンコ,柳沢きみお,安達哲
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/09/20
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 盗み

前号で盗みがバレた兵藤会長の影武者「まさやん」。

利根川や黒服達は、にわかには信じられない。

しかし、まさやんのボールプールから次々と見つかる数々の盗品。しかし、皆は「ちょっとした遊びのつもりだろう」と、一旦は許す事にした。

悪戯

しかし、その後も次々と繰り返し、日に日に増していく「まさやん」の悪戯。困った利根川は、出張中の山崎に相談する。相談を受けた山崎は、利根川達に10問のチェックシートをFAXし、やってみるように言う。

利根川は5問にチェックを入れ、山崎は「3つ以上当てはまるようなら、まさやんを甘やかし過ぎ」だと言った。

順位

山崎の解説は続き、集団に属した「まさやん」は、周りを順位付ける習性があり、モノをあげたりして甘やかすと、その相手を自分より「下」とみなし、自分を「王」だと勘違いする、と言う。

空気

まさやんの悪戯を止める為には、お菓子をあげたり、甘やかすのを止めて、悪戯をしても無視をして、空気のように扱う必要がある、と山崎に告げられたら利根川チーム。

表向きには、山崎の言い付けを守っているように振る舞うが、やはり「まさやん」の事が可愛く、ついつい陰で甘やかしてしまう。

命令

まさやんの悪戯は徐々にエスカレートしていき、遂には利根川に「悪魔的イベント」を企画するよう命令をし始める。利根川が「イベントならもうやっている」軽くあしらうと、まさやんは「見に行く」と、廊下を暴走した。

黒崎

廊下を走っていた「まさやん」は、歩いてきた黒崎にぶつかる。影武者をかくまっている事を慌てて説明しようとする利根川に、「わかっています」と言う黒崎。

彼も兵藤会長から、何度か影武者を用意するよう頼まれていたと言う。

まさやんは、黒崎に悪態をつくが、黒崎は動じない。シビレを切らしたまさやんは「制裁」しようと杖を振り上げるが、あっさりと黒崎に杖を奪われ、平手打ちをされた上、杖も折られてしまう。

マナー

そこに、出張から戻った山崎が現れると、まさやんは喜び興奮し、山崎の周りをハシャいで走り回る。

そんな「まさやん」の頭を一発ハタき、「廊下を走るな」と一喝する黒崎。

黒崎は山崎に、「影武者が言うことを聞かなくなったら、一度自分に預けると良い。影武者としてのマナーを叩き込んであげるから」と静かに言う。

それを機に、まさやんの暴走は、ピタリと止んだ。

 

「暴走」のレビュー

「まさやん」の盗癖が表れたのは、自分に人気があることから自らを「王」と認識した事が原因だという。

相変わらずペットの様に扱われる「まさやん」の姿を楽しめるが、今回「まさやん」の「盗癖」をぴたりと止める黒崎の登場も少し嬉しい。

やはり躾には上下関係が重要かと再認識したのは私だけだろうか?