中間管理録 トネガワ ネタバレ と レビュー

「月刊ヤングマガジン」連載 「中間管理録トネガワ」【原作:萩原天晴・漫画:橋本智広、三好智樹・協力:福本伸行】レビュー(ネタバレ含む)

スポンサーリンク

中間管理録 トネガワ「愛玩」(月刊ヤングマガジン2017年No.9 収録-02)

スポンサーリンク

月刊ヤングマガジン 2017年No.9 [2017年8月19日発売] [雑誌]

月刊ヤングマガジン 2017年No.9 [2017年8月19日発売] [雑誌]

  • 作者: 佐木飛朗斗,桑原真也,福本伸行,萩原天晴,三好智樹,橋本智広,吉谷光平,高田サンコ,鳴見なる,山田風太郎,せがわまさき,ぢたま某,麻宮騎亜,芹沢直樹,明日乃隆,五十嵐健三,東直輝,柳沢きみお,安達哲
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/08/19
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

大阪

 黒服山崎に、急遽入った10日間の大阪出張の間、兵藤会長のそっくりさん「まさやん」の世話をする事になった利根川。

居候

山崎の留守の間、利根川ルームに居候する事となった「まさやん」。

山崎から利根川に渡された「まさやんメモ」に目を通す利根川。

その脇で「制裁の素振り」をしていた「まさやん」が、利根川ルームの花瓶を破壊する。

「まさやんメモ」には、「大切な運動なので、温かく見守るよう」書かれており、仕方なく許し、割れた花瓶の後片付けをする利根川。

気遣

突然、利根川ルームから姿を消した「まさやん」 。

慌てて探す利根川は、ドアの外にうずくまる「まさやん」を見つけ、「山崎が戻るまで大人しくしろ!」と、叱責する。

しかし、食欲のない「まさやん」が残したステーキを利根川が処理していたときに、突然「まさやん」が倒れた。

驚いて様子を見た利根川は、「まさやん」の高熱に気付く。

「まさやん」の「うつされたくなければ、ワシに近付くな」という言葉に、利根川は「まさやん」の気遣いに気付いた。

変化

その日から「まさやん」と利根川の関係に変化が始まった。

花瓶を割ってから我慢していた「制裁」用のサンドバッグ、

部屋中を走り回れるように、防音マット、ロフト、滑り台、等々…

利根川は、各種DIYに本腰を入れた。

敬遠

兵藤会長そっくりの外見から、はじめのうちは黒服達から敬遠されていたが、徐々にその無邪気さから受け入れられ始めていた。

盗難

一週間後、黒服の堂下が、自前の「筋トレ用ブルーワーカー」が無くなっていることに気付いた。

周りの黒服達も、「そう言えば最近、物が無くなることが多い」と、ざわつき始める。

黒服の中田が「探し足りないだけだ」「ちゃんと探せば…」と、隠れたスペースを覗いた。

そこには、ジャージの上着にブルーワーカーを隠し持った「まさやん」が立っていた。

「まさやん」は、無言でその場から走って逃げ去っていった。

「愛玩」のレビュー

ひさびさの「まさやん」登場が、少々嬉しい。

相変わらずペットの様に扱われる「まさやん」の姿を楽しめるが、今回は「まさやん」の「盗癖」という新たな一面が発覚する。

たまに見かける「何であの人が万引きを?」といったニュースを思い出したのは私だけだろうか?