中間管理録 トネガワ ネタバレ と レビュー

「月刊ヤングマガジン」連載 「中間管理録トネガワ」【原作:萩原天晴・漫画:橋本智広、三好智樹・協力:福本伸行】レビュー(ネタバレ含む)

中間管理録 トネガワ「呟言」(月刊ヤングマガジン2017年No.5 収録)

 スポンサーリンク

中間管理録トネガワ(5) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(5) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

月刊ヤングマガジン 2017年No.5 [2017年4月20日発売] [雑誌]

月刊ヤングマガジン 2017年No.5 [2017年4月20日発売] [雑誌]

  • 作者: 芹沢直樹,吉谷光平,佐木飛朗斗,桑原真也,福本伸行,萩原天晴,三好智樹,橋本智広,ぢたま某,山田風太郎,せがわまさき,鳴見なる,明日乃隆,コンドウ十画,楠みちはる,高田サンコ,麻宮騎亜,岡崎武士,浦津ゆうじ,東直輝,柳沢きみお,安達哲
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 公式

利根川のもとに中田が「見てほしい」と、持ち込んだノートPCのディスプレイに映し出されていたのは、帝愛公式のツイッターだった。

 継続

「フォロワーが少ない」と嘆く公式ツイッター担当の中田に対し、大事なことはツイート内容よりも「継続」だと利根川は説いた。中田に指導しながらツイッターをチェックしていた利根川の目に入ってきたのは、アンチ帝愛の「帝愛潰すアカウント」だった。

フォロワー数

くだらない呟きを繰り返す「帝愛潰すアカウント」をチェックする利根川、帝愛公式アカウントのフォロワー数が、アンチ帝愛に負けている事に気付く。

交代

業を煮やした利根川は、公式アカウントの担当を中田に任せず、自ら行うと宣言する。こうしてSNSの影響力の大きさを重く考える利根川の、帝愛公式ツイッター「中の人」生活が始まった。

中の人

 ツイート内容の八割は、天気。たまに宣伝やキャンペーンを織り交ぜながら継続する利根川。しかし思うように伸びないフォロワー数。たまに「いいね」が入るが、それは山崎の「気遣い」であった。

手練

そうこうしているうちに、フォロワー数は更に差を広げられる。利根川から相談された佐衛門三郎はアンチアカウントの診断をした。相手はなかなかの手練れであり、単なる批判ツイートをしているだけではなく、随所にフォロワー数を増やすテクニックを盛り込んであり、アンチアカウントと本家アカウントの間には「大人と子供、歴然の差」があると断言する佐衛門三郎。

 徹底

ここからは自分が代わろうか、と提案する佐衛門三郎に対し、「世迷い言ばかりの自堕落な非生産なクズに自分が負けるはずがない」と、徹底的に戦う姿勢を崩さない利根川。アンチアカウントがやっている事を自分もやれば良いと、早速勉強を始める。

方程式

様々なトレンドを取り入れながら急速な成長を見せる利根川のツイートであったが、一向に縮まらないフォロワー数の差。勝ちへの方程式が見えないまま迷走を続けていた。

味噌汁

佐衛門三郎から社員食堂に呼び出された利根川。佐衛門三郎から「今朝のアンチツイートを見たか」と、問われる。まだ見ていないと答える利根川にPC画面を見せる佐衛門三郎。

そこには「帝愛社食の味噌汁は具がもやしだけ。」のツイートがあった。慌てて佐衛門三郎の前に置いてあった味噌汁の具を確かめる利根川が目にしたのは「もやし」だけだった。

内部

利根川と佐衛門三郎は、内部の人間による犯行である事を確信した。

 

 

「呟言」のレビュー

SNSの影響力が大きい事を充分に理解しながらも、実際にどの様に活用して良いのかわからない企業は多いはず。帝愛もその中でもがく一員として奮闘するネタだが、相変わらずの利根川のバイタリティーの強さに感銘を受けるのは私だけだろうか?