読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中間管理録 トネガワ ネタバレ と レビュー

「月刊ヤングマガジン」連載 「中間管理録トネガワ」【原作:萩原天晴・漫画:橋本智広、三好智樹・協力:福本伸行】レビュー(ネタバレ含む)

中間管理録 トネガワ 第30話 「弁舌」

スポンサーリンク

楽天Kobo電子書籍

第1回

ついに開催される記念すべき第1回限定ジャンケン。モニター室から会場を眺める兵藤会長も開始を楽しみに待っている。そして豪華客船エスポワールは晴海を出港した。

ルール説明

会場の参加者に向けて利根川から簡単なルール説明がなされた。そこからいよいよゲーム開始、となるはずが、債務者(参加者)からは、金の使い道と負けたときの処遇についてきちんと説明しろ!と、反発の声があがる。

想定内

ステージ上の利根川のそばに控える黒服の山崎は焦るが、利根川は違った。想定内と落ち着き払い、ステージ上のマイクに向かい吐き捨てる「Fack You. ぶち殺すぞ… ゴミめら…」 と。

説教

債務者からのヤジなどでは動じずに、ここぞとばかりに始める債務者への説教。勘違いするな、甘えを捨てろ、人は勝たなければゴミだ、と続ける。勝たなければ野茂はウスノロ、羽生はネクラ、イチローはいけ好かないマイペース野郎だが、彼等がそう思われないのは勝ち続けてきたからだ、と締めくくる。

一変

利根川の演説で一変した開始の雰囲気。限定ジャンケンは概ね成功し、醜く争う債務者達を目にした兵藤会長もご満悦の様子。3日後に第2回を開催しろ、と命じてその場を立ち去る。

お見事

ひとまず無事に終了した第1回限定ジャンケン。豪華客船エスポワールの甲板で一服する利根川。背後から黒服の山崎が「見事な演説でした」と声を掛けた。

ワードセンス

内容はもちろん、あの「凄み」はなかなか出せない、と利根川の演説を真似しながら絶賛する山崎。対して利根川は、細かい発音や言葉の選択が違う、と指摘する。そのワードセンスすら「渋い」とほめ続け、「利根川先生にとって演説は?」と問う山崎。調子に乗った利根川は、心地良い潮風と達成感にも後押しされ、朝までエスポワールの甲板で山崎と語り合った。

第2回

3日後、参加者は何とか集まったが、甲板で朝まで語っていた利根川はノドを傷めて声が出ないと言う。山崎は心配する、前回のように債務者達が騒ぎ出したら誰が抑えるのか、と。利根川は筆談で山崎に「おまえしかいない」と返す。山崎意外の黒服は全員テーブルの中で人間計測器になっている、と。

急遽

利根川の不調により、急遽ホールマスターに登板する事となった山崎。本番直前まで利根川の指導のもと、演説の練習を繰り返す。

幕開け

いよいよ本番開始、何とかルール説明までやり通した山崎。ステージから去ろうとした時に前回同様、債務者からヤジが飛び、波乱の幕開けとなる。想定通り、と練習した「Fack You. ぶち殺すぞ… ゴミめら…」を吐き捨てる山崎。

クリア

ざわつき言葉を失う債務者達、利根川と山崎は、第1関門クリア、と一息つく。

ファン

演説を続ける山崎、野茂やイチローのくだりまで来たところで、熱烈イチローファンである債務者から思わぬヤジが飛び込む。うろたえる山崎にステージ脇から「羽生でおせ」のボードを指差す利根川。しかし山崎の前には睨みつけてくる将棋ファンの姿。

勝ちたい

切羽詰まった山崎、思わず叫び出す。 「勝ちたいかー!」「イチローみたいになりたいかー!」 ステージ脇の利根川、それではまるでウルトラクイズだ、と落胆する。

大成功

山崎の演説により、前回とは違うノリではあったが、第2回限定ジャンケンも大成功での幕となった。

第30話 「弁舌」のレビュー

経験豊富な 利根川と、まだまだこれから黒服山崎のコントラストを描いた30話。演説においても圧倒的な貫禄と凄みを醸し出す利根川の姿に憧れる部下の山崎。理想的な上司と部下の関係だが、今回は上司の利根川が調子に乗って「やらかした」。またもや体調管理で失敗した利根川、山崎の頑張りで乗り切ろうとするが、力及ばずに少しズレて着地する。 とは言え、チームワークで何とか乗り切る二人の姿に、山崎のような部下がいれば良いな、と感じたのは私だけだろうか?

スポンサーリンク