読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中間管理録 トネガワ ネタバレ と レビュー

「月刊ヤングマガジン」連載 「中間管理録トネガワ」【原作:萩原天晴・漫画:橋本智広、三好智樹・協力:福本伸行】レビュー(ネタバレ含む)

中間管理録 トネガワ 第23話 「接待」

スポンサーリンク

楽天Kobo電子書籍

移動中の車の中で男から説明を受ける利根川。 帝愛傘下の裏カジノにあるというパチンコ台「沼」を打ってもらいたい、と言う。「沼」は数々の挑戦者から呑み込んだ15億の貯玉を有すると言い、利根川にはその回収をしてもらう、とも言う。

接待

帝愛幹部向けの接待であることを見抜いていた利根川。甘んじて受けようと応える。到着した裏カジノ、迎えた店長の一条はきっぱりと宣言する。接待とはいえ、当店は一切手を抜くつもりはない、優秀な利根川なら問題ないだろう、と。

毒蛇

見かけによらず毒蛇のように挑戦的な一条の態度に「そうでなくてはつまらない」と気合いを入れる利根川。

設定Y

一条の耳元で囁くカジノスタッフ、驚き悔しがる一条。パチンコ台「沼」の釘設定が、五年に一度の「Y設定」だという。違和感を感じる利根川をよそに開幕する一条による悪魔的接待。

クルーン

「Y設定」の釘の森、通常の釘設定ならば1/60以下の確率でしか通過できないが、Y設定は9/10の確率で役物まで誘導される。待ち受ける役物、普段ならランダムに玉を弾く難関も、玉がセンサーを通過すれば開く設定。あっと言う間にクルーンまで運ばれる玉と大袈裟に悔しがる一条の態度に疑いを持ち始める利根川。

ギリギリ

店長の一条は間違いなく接待が下手だと確信する利根川。良い接待とは、実力が均衡しているように見せつつ、最後の最後のギリギリのタイミングで負けることで相手を悦ばせるもの。対して一条の接待は、ガチンコ勝負を装いつつも、完全に子供扱いされているようで馬鹿にされている気分だ、と感じる。

本丸

しかし、難なくクルーンまで運ばれた玉の動きに利根川は驚く。三段構えのクルーンは良いところまでは行くが、なかなか入らない。一条が「絶対に崩せない本丸」と豪語するクルーンに、本物だと手応えを感じ唸る利根川。

フェニックスシステム

再び一条の耳元で囁くカジノスタッフ。一条はフェニックスシステムの発動を命じる。一度穴に落ちた玉が次々と穴から飛び出してクルーンに戻り始める。

証拠

いつのまにこんな仕掛けをしたのか!?と大袈裟に悔しがる一条。証拠が無いのでどうしようもない、と打ちひしがれる一条を脇目に興醒めの利根川。そうこうするうちに玉はクルーンの当たりに入り、パチンコ台「沼」の大当たりのシグナルが点灯する。

泣いている

その光景に「沼が泣いている」と驚愕する一条に、沼も泣きたくなる、とこぼす利根川。そのまま大きな問題も無いまま無事に接待は終了した。

第22話 「接待」

のレビュー

いつもの顔ぶれとは違うキャラクターの登場に期待が高まる22話。軟派な見かけとは裏腹に切れ者の雰囲気を醸し出す一条。しかし結局は利根川もウンザリのダメダメキャラクターである事が露呈する。 あの「カイジ」にも登場した伝説のパチンコ台「沼」と一条。トネガワの世界観の中ではオモシロ小道具に過ぎないという設定に、このシリーズのスケールの大きさを感じるのは私だけだろうか?

スポンサーリンク